①いのちをつなぐ食育

「いのち」への感謝の心、人と一緒に食べることの喜び、自分で調理することで生まれる自信、食べたものを成長の糧にする力・・・こうした体験を  「今この時」に積み重ねていけるよう食育活動に力を入れています。


②頭と体をきたえる表現体育

乳幼児期の運動は脳も体も育てます。あすなろ保育園では、広々とした遊戯室と園庭で積極的に子どもたちが体を動かせるよう「運動遊び」に力を入れています。毎朝の体操や毎週開催の体育教室でも、心と体を健やかに育てます。


③正しい日本語・わくわくする外国語

ことばを純粋に吸収する乳幼児期だからこそ、「正しい日本語」「わくわくする外国語」を心地の良いシャワーのように全身であびることが 大切です。思いをことばで表現できた喜びや、ことばへの愛着を感じることができるよう保育を行っています。


④音楽が身近にある保育

流行している楽曲だけではなく、昔から歌い継がれている唱歌や童謡、クラシック音楽や英語の曲を耳にすることで子どもたちの興味関心がひろがり、 情緒豊かな感性を育みます。